FXの税金対策とは

メリット・デメリットは | Posted by admin

FXの利益に対する税率が今年から変更になりました。
それまでの「一律20%」から復興税が加わった「一律20.315%」が適用されます。
さて、リスクをとって手にした利益ですから節税対策もしっかり押さえたいところですね。
FXで得た利益は「雑所得」と言う所得に該当します。
サラリーマンの場合、この雑所得が20万円以上あると確定申告を行わなければなりません。
あまり知られてはいませんが、FXには取引手数料以外にも必要経費として認められるものが結構あります。
まず、パソコン購入代金(減価償却費)です。
取引専用のパソコンなら問題ありませんが、娯楽と併用して使っていても取引で使う割合をきちんと示すことができれば認められる場合もあります。
また、セミナー経費や交通費、資料代や新聞代、プロバイダー費用なども対象になります。
ただ、税務署の担当によって対応が違うことも事実です。
肝心なのは、書類を丁寧に作成した上で必要経費である根拠をきちんと示すことでしょう。