取引業者を使うデメリット

Posted by admin

FX取引業者を使うデメリットですが、現在FX取り引きをするには殆どの人が必ずといって良いほど、業者を通して取り引きをしてます。
一般的なFXの取り引きは、外国為替市場へ個人が参入してるものだと思ってる人が、多い事でしょう。
しかし、実際は個人が市場へ参入してるのではなくて、FX取り引きを取り扱ってる業者との、取り引きとなってるんです。
これは、業者が代行して、取り引きを行ってるという事です。
その為、大きなデメリットがあります。
取り引き会社に売買して貰ってるんですから、証拠金を預ける必要があり、業者の経営状態が問題となるんです。
まだ法律規制が緩やかだった頃は、個人投資家から集めた証拠金を、自分で使ってた業者もあったとかで全額信託保全されてない場合は、非常に危険な投資形態となります。
しかし、現在では法規制されて、以上のような危険性がなくなったとはいえ、業者が倒産してしまう可能性がなくはないんです。
ですから、全額信託保全されてる業者を選んで、投資しなければなりません。